レトロ印刷は、リソグラフ専門の印刷サービスです。

  • ペラ・中厚紙印刷
  • 厚紙印刷
  • ツヤプリ印刷
  • 製本
  • 試し刷り

J1サイズ

範囲内の自由なサイズでご注文いただけます。トンボを付けてご入稿ください。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズの厚紙印刷です。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズのツヤプリ印刷です。


短辺は最小30mm以上必要です。

中綴じミシン製本

紙の真ん中をミシンで縫い綴じ、半分に折って仕上げます。糸端の処理は「のり有」と「のり無」の2タイプあります。

ペラ/中厚・厚紙 試し刷り

レトロ印刷はズレやムラ・かすれが特徴の印刷です。初めてのご利用や多色刷りの場合、試し刷りされることをおすすめします。


試し刷りはA3またはA4(B4またはB5)サイズでの納品です。断裁・加工は行いません。

よくある質問

お客様からよくいただく質問を掲載しています。
ご不明な点はお気軽にご相談ください。

入稿/データ作成のご質問

過去に印刷したものと同じデータで注文したいのですが、データの入稿は必要ですか?

過去にご入稿いただいた印刷データの保管は行っておりません。お手数ですが新規でご注文・ご入稿をお願いします。また、孔版印刷の特性上、ズレ具合や色ムラ、かすれ、インクの濃度などは前回と同じ仕上がりにはなりませんのでご了承ください。

PCソフトを持っていません。デザインの依頼はできますか?

レトロ印刷では、デザイン及び印刷データの作成・修正は承っておりません。お手数ですが印刷データを作成の上でご注文ください。Illustrator・Photoshop形式以外に、jpg・PDF形式、また手描き原稿でも入稿を受け付けております。作成や入稿についての不明点はお気軽にお問合せください。

Illustrator(ai)、Photoshop(psd)以外のデータでも入稿できますか?

Illustrator・Photoshop形式以外に、jpg・PDF形式、また手描き原稿でも入稿を受け付けております。いずれの形式でご入稿の場合もデータは版ごとに分けて黒1色(グレースケール)でお作りください。
入稿データの作り方
手描き原稿で入稿する
入稿形式ごとの注意点

「濃いベタ」「濃度の高いベタ」とはどういう部分を指しますか?

100%に近い濃度で塗りつぶした部分を指し、データ上ではCMYKのKのパーセンテージで決まります。インクは粘度を持つため、広い範囲の濃いベタは紙詰まりの原因となり、印刷自体ができなくなってしまうことがあります。
また、孔版印刷の特性上、広い範囲の濃いベタは「色ムラ」「針跡」「ローラー跡」や、多色印刷で汚れが発生しやすいなどのリスクを伴うため、広い範囲に濃いベタを使われる場合は、濃度を80~90%に下げていただくことをおすすめします。
仕上がりについて
インクのこと

濃いベタのデザインで印刷は可能ですか?

用紙・デザインにより異なります。デザインをご準備の上、お問い合わせください。

同じインクの版でも濃度ごとに版分けは必要ですか?

インクが同じであれば版の中に複数の塗り濃度が混在していてもかまいません。ただし、ツヤプリ加工は同色の印刷の場合(黒+黒ツヤプリの併用など)も別々に製版が必要なため、版を分けて作成してください。

複数色の印刷の時はインクの刷り順は指定できますか?

注文フォームの備考欄にご希望の順を記入いただければ可能な限り対応いたします。その際、刷り順は上下が分かるようご指示ください。(例:上から黒・青・赤 など)

入稿データのチェックでは、誤字脱字なども確認してもらえますか?

入稿データのチェックでは、ご入稿いただいたデータがレトロ印刷で印刷可能かどうかの確認を行います。テキストの誤字脱字や、レイアウトやデザイン上のミスの確認は行っておりません。
入稿データの作り方
入稿前チェック

入稿データに不備があった場合、修正してもらえるのですか?

入稿データに不備があった場合、レトロ印刷で修正作業は行っておりません。お手数ですが、お客さまご自身で修正いただき再入稿してください。

「ご注文受付完了と決済についてのご案内」のメールをもらった後に、データの間違いが見つかりました。差し替えてもらうことはできますか?

「ご注文受付完了と決済についてのご案内」のメールをお送りした後は、印刷工程に入ってしまうため原則として、データの差し替えはお受けしておりません。
やむをえず差し替えが必要な場合は、必ずお電話にてご連絡ください。作業の進捗によっては追加の印刷料金及び、追加の納期を頂戴いたします。
変更・キャンセルについて

写真やイラストをフルカラーで再現することはできますか?

Photoshopなど分版機能のあるソフトを使用して元の写真や画像をCMYKで分版いただき、各版にレトロ印刷のインクを指定することで、擬似的にフルカラーを再現することが可能です。
ただし、一般的なフルカラー印刷のように鮮明な仕上がりにはなりません。仕上がりの色合いも元の写真通りに再現されるのではなく、レトロ印刷独特の色合い・風合いとなります。 また、多色印刷となるため被写体が細かい写真などは、版ズレが目立つ可能性がありますのでご注意ください。
フルカラー風の印刷(4色分解)

DICカラー番号やPANTONEで色指定を行うことはできますか?

レトロ印刷で使用するインクは全てインク色が決まっております。DICカラー、PANTONEカラー等でご指定いただくことはできません。

手描きの原稿でイラストや文字を白抜きにしたい場合、黒い紙に白いペンで描いても大丈夫ですか?

白いペンで描いていただいて問題ありませんが、白の濃度が薄いとくっきりとした白抜きにならないため、白いペンの部分は黒い紙が透けないようにしっかりと濃く描いてください。

お問い合わせ先

お電話やフォームでのお問い合わせも受け付けています。
印刷についてご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

電話でのお問い合わせ

06-6485-2602

10:00~19:00(年末年始を除く)

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

通常24時間以内に返信いたします。