重要なお知らせ 2021.07.08東京2020オリンピック・パラリンピック開催に伴う発送お届け遅延の可能性

レトロ印刷は、リソグラフ専門の印刷サービスです。

  • ペラ・中厚紙印刷
  • 厚紙印刷
  • ツヤプリ印刷
  • 製本
  • 試し刷り

J1サイズ

範囲内の自由なサイズでご注文いただけます。トンボを付けてご入稿ください。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズの厚紙印刷です。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズのツヤプリ印刷です。


短辺は最小30mm以上必要です。

中綴じミシン製本

紙の真ん中をミシンで縫い綴じ、半分に折って仕上げます。糸端の処理は「のり有」と「のり無」の2タイプあります。

ペラ/中厚・厚紙 試し刷り

レトロ印刷はズレやムラ・かすれが特徴の印刷です。初めてのご利用や多色刷りの場合、試し刷りされることをおすすめします。


試し刷りはA3またはA4(B4またはB5)サイズでの納品です。断裁・加工は行いません。

インクの注意点

金・白・透明インクは他のインクとは違った性質があります。
特性を上手く生かせば面白い仕上がりに。

白インクのこと

水彩絵の具の白色のような、淡い発色をするレトロ印刷の白インク。
控えめな発色なので濃い色の紙で使うのがおすすめです。

控えめな発色

レトロ印刷の白インクは、はっきりと濃くは印刷されません。紙の地色や、下に印刷されたインクの影響を受けた発色になります。

クラフト系や濃い色味の紙に印刷しても、角度によっては見えにくかったり、文字や細かいものは視認性が良くありません。特に、グレー系やうすい色の紙に印刷される場合は、白インクの濃度によってはかなり馴染んでしまうためご注意ください。

※白版はK100%で作成

白インクの重なり方

白インクも紙色や他のインクの色と混色します。

白インクを上に印刷した場合も下になるインクの色と混色します。想像よりも薄い仕上がりになることもあるため、上に重ねる白インクは濃度をなるべくK(黒)100%で、文字や線は太めに作成されることをおすすめします。

1. 朱(下)×若葉(中)×白(上)

2. 紺(下)×白(上)

3. 濃紺(上)×白(下)

※白版はK100%で作成

白インクでツヤプリ印刷

白インクをツヤプリ印刷すると発色が変わります。ツヤプリの熱加工によってインクがやや緑味を帯びるため、少し色が沈んだ仕上がりとなります。

用紙「ねずみ」への白ツヤプリは、特にインクが馴染みやすいためご注意ください。また、用紙「まっくろ」はインクをはじきやすいため、細い線や小さな文字のツヤプリは途切れたようになることがあります。

1. クーヘン+ツヤプリ白

2. ねずみ+ツヤプリ白

3. 富士わら紙(厚紙)+ツヤプリ白

4. チャイ+ツヤプリ白

5. まっくろ+ツヤプリ白

※白版はK100%の濃度

白インク版の入稿も黒1色で

レトロ印刷の入稿データは、使うインクの色に関わらず黒1色でお作りいただく必要があります。白インクで印刷する場合も、印刷部分はすべて黒(グレースケール)で作成してご入稿ください。

入稿データ上の黒の濃度が印刷時のインクの濃度に反映されるため、白インクを100%の濃さで印刷したい場合は、黒(K)100%でお作り下さい。

POINT
  • 全面ベタのデザインは機械づまりにより印刷できない可能性があるため、ベタ部分はK80~90%に濃度を下げてご入稿ください。
  • 手描き原稿の場合も、白インクの原稿は黒1色でお作りください。
入稿データの作り方

試し刷り、できます。

データの濃さは大丈夫かな? 混色は上手くいくかな?
そんなときは試し刷りをご利用ください。

  • 試し刷りはレトロ印刷の特徴をご確認いただく商品であり、同一の仕上がりを保証するものではありません。
  • 試し刷りと本注文で、版のズレ具合・インクの発色・ムラ・汚れなどは全く同じものになりません。
  • レトロ印刷は均一な発色の印刷ではないため、色校正は行っておりません。
  • 仕上がり見本と比較してのデザイン校正・誤字や脱字のチェックは行っておりません。