レトロ印刷

  • ペラ紙印刷
  • 厚紙印刷
  • ツヤプリ印刷
  • 製本
  • 試し刷り

J1サイズ

範囲内の自由なサイズでご注文いただけます。トンボを付けてご入稿ください。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズの厚紙印刷です。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズのツヤプリ印刷です。


短辺は最小30mm以上必要です。

中綴じミシン製本

紙の真ん中をミシンで縫い綴じ、半分に折って仕上げます。糸端の処理は「のり有」と「のり無」の2タイプあります。

ペラ/中厚・厚紙 試し刷り

レトロ印刷はズレやムラ・かすれが特徴の印刷です。初めてのご利用や多色刷りの場合、試し刷りされることをおすすめします。


試し刷りはA3またはA4(B4またはB5)サイズでの納品です。断裁・加工は行いません。

ツヤプリの入稿データ

ツヤプリの入稿データも、通常の入稿と同じように作成します。

通常のレトロ印刷と同じように入稿データを作り、ツヤプリを行う版を入稿時にご指定ください。

ツヤプリ印刷は、印刷部分に樹脂を乗せて熱で溶かし、インクをコーティングする印刷加工です。たとえば赤色のインクで印刷する部分をツヤプリにしたい場合は、別でツヤプリ専用データを作る必要はありません。

ツヤプリ印刷とは

ツヤプリデータを作るコツ

ツヤプリの入稿データ

入稿データ・原稿の作り方は通常のレトロ印刷と同じです。ご使用インクごとに版を分けて、モノクロデータでご入稿ください。

入稿データの作り方

ツヤプリも1色にカウント

ツヤプリを行う版も1色としてカウントされます。

同じ色のインクで、ツヤプリを行う部分と行わない部分がある場合は、ツヤプリ用の版と通常印刷の版に分けて作成してください。ツヤプリカバーの透明インクも1色としてカウントされます。

ツヤプリ版の指定方法

黒(ツヤ)+青の片面2色刷りの入稿ファイル名の付け方

ツヤプリは片面2色まで行うことができます。ツヤプリを行う版は以下の方法で指定してください。

  • 注文フォームの「ツヤプリ版の指示」欄にツヤプリを行うデータ名を入力します。
  • ツヤプリを行う版のファイル名に「tsuya」と入れてご入稿ください。

ツヤプリの注意点

ツヤプリと金インクを組み合わせる(金インク自体をツヤプリ、金インク印刷+ツヤプリ)ことはできません。また、両面へのツヤプリはできませんのでご注意ください。

ご注文の前に、仕上がりの注意点を必ずご確認ください。

ツヤプリの注意点

透明インクでツヤプリカバー

「多色印刷でもインク移りを防ぎたい」、「製本にトレーシングペーパーを付けたくない」、そんなときは『透明ツヤプリカバー』がおすすめです。

ツヤプリ印刷は通常2色までしかできませんが、印字部分全体に透明インクのツヤプリを重ねることで、3色以上の印刷もツヤプリでコーティングすることができます。

透明インクについて

ツヤプリカバーの入稿データ

透明インクでツヤプリカバー

ツヤプリ版はひとまわり大きめに作る

透明ツヤプリを行いたい部分(=透明インクで印刷する部分)のデータを、通常の入稿データと同じように黒1色(K100%)で作成してください。

ツヤプリ加工時の熱により紙がわずかに縮むため、通常の印刷部分とツヤプリで印刷する部分では、最大で2~3mmの印刷ズレが発生します。

文字や線などの細かい部分は特にズレが目立ちやすいため、透明ツヤプリカバー用のデータはひとまわり大きめに作成されることをおすすめします。

入稿例(4色+ツヤプリ1色)

POINT
  • 透明インクも1色としてカウントします。
    (例:もも+青+透明ツヤプリでは3色印刷になります。)
  • 透明インクの版は黒1色(K100%)の濃度で作成してください。
    ただし透明インクの面積が全体の80%以上となる場合は、透明インク版の濃度をK80~90%に下げてください。
  • 広範囲のベタや多色のデザインでは、ムラや印刷汚れが発生する場合があります。

試し刷り、できます。

データの濃さは大丈夫かな? 混色は上手くいくかな? どのぐらいズレるかな?
そんなときは試し刷りをご利用ください。

  • 試し刷りはレトロ印刷の特徴をご確認いただく商品であり、同一の仕上がりを保証するものではありません。
  • 試し刷りと本注文で、版のズレ具合・インクの発色・ムラ・汚れなどは全く同じものになりません。
  • レトロ印刷は均一な発色の印刷ではないため、色校正は行っておりません。
  • 仕上がり見本と比較してのデザイン校正・誤字や脱字のチェックは行なっておりません。