レトロ印刷

  • ペラ紙印刷
  • 厚紙印刷
  • ツヤプリ印刷
  • 製本
  • 試し刷り

J1サイズ

範囲内の自由なサイズでご注文いただけます。トンボを付けてご入稿ください。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズの厚紙印刷です。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズのツヤプリ印刷です。


短辺は最小30mm以上必要です。

中綴じミシン製本

紙の真ん中をミシンで縫い綴じ、半分に折って仕上げます。糸端の処理は「のり有」と「のり無」の2タイプあります。

ペラ/中厚・厚紙 試し刷り

レトロ印刷はズレやムラ・かすれが特徴の印刷です。初めてのご利用や多色刷りの場合、試し刷りされることをおすすめします。


試し刷りはA3またはA4(B4またはB5)サイズでの納品です。断裁・加工は行いません。

インクの注意点

金・白・透明インクは他のインクとは違った性質があります。
特性を上手く生かせば面白い使い方も。

金インクのこと

デザインがグッと印象的になる金インク。他のインクとは少し違ったクセがあります。
ご利用の際は特性をよくご確認の上、ご注文ください。

金は一番上にのる

印刷汚れが出やすいため、金インクの版は一番最後に印刷されます。見本で金インクが他のインクの下になっているような場合でも、金インクは常に一番上に印刷され、重なり順をご指定いただくことはできません。また、ほとんど混色しないため、他のインクと重なる部分では、金インクが上に載る仕上がりとなります。

ツヤプリできない

ツヤプリの機械を通すときに金インクの成分がツヤプリパウダーに混入してしまうため、金インクをツヤプリ加工することはできません。 また、金インクを使用している印刷で、金インク以外のインクをツヤプリ加工することもできません。

両面に使えない

インク落ちしやすい特性上、金インクを両面に使うと汚れが出てしまうため、両面に金インクをご指定いただくことはできません。おもて面・うら面のどちらか片面のみでご指定ください。

インク落ちが激しい

金インクはレトロ印刷でもっともインク落ちしやすいインクです。濃いベタの部分に使用すると、軽く触れただけで手や物に付いてしまう恐れがあります。

広い面積のベタ面に金インク印刷をされたい場合、濃度をK80%以下に下げてご入稿ください。(文字や線画部分はK100%で問題ありません。)

ベタ面積は全体の8割以下に

濃度がK80%以上の濃いベタが、全体の80~90%以上を占める場合、印刷機内部でインクによる紙詰まりが発生しやすいため、印刷ができない可能性があります。(金インク以外でも同様です。)

価格がちょっと高い

金インクのみ特別価格となります。ご利用の場合は金インク用の印刷料金表をご覧ください。(それ以外のインクはすべて同価格となります。)

金インクのできること・できないこと

両面に金インク

金インクをツヤプリ

ツヤプリと併用

製本(本文)

追加断裁

折り加工

穴あけ加工

角丸加工

角落とし加工

ミシン目加工

スジ入れ加工

型抜き加工

ご確認ください
  • 金インクはインク落ちが激しいため、加工によってはインク汚れが出やすい場合があります。
  • ご注文の仕様によっては、「〇」の項目でもお受けできない場合があります。

その他、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

試し刷り、できます。

データの濃さは大丈夫かな? 混色は上手くいくかな? どのぐらいズレるかな?
そんなときは試し刷りをご利用ください。

  • 試し刷りはレトロ印刷の特徴をご確認いただく商品であり、同一の仕上がりを保証するものではありません。
  • 試し刷りと本注文で、版のズレ具合・インクの発色・ムラ・汚れなどは全く同じものになりません。
  • レトロ印刷は均一な発色の印刷ではないため、色校正は行っておりません。
  • 仕上がり見本と比較してのデザイン校正・誤字や脱字のチェックは行なっておりません。