レトロ印刷は、リソグラフ専門の印刷サービスです。

  • ペラ・中厚紙印刷
  • 厚紙印刷
  • ツヤプリ印刷
  • 製 本
  • 試し刷り

J1サイズ

範囲内の自由なサイズでご注文いただけます。トンボを付けてご入稿ください。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズのツヤプリ印刷です。

中綴じミシン製本

紙の真ん中をミシンで縫い綴じ、半分に折って仕上げます。糸端の処理は「のり有」と「のり無」の2タイプあります。

ペラ/中厚・厚紙 試し刷り

レトロ印刷はズレやムラ・かすれが特徴の印刷です。初めてのご利用や多色刷りの場合、まずは試し刷りをおすすめします。


試し刷りはA3またはA4(B4またはB5)サイズでの納品です。断裁・加工は行いません。

表紙の仕様

レトロ印刷の製本表紙は、トレペ・ツヤプリ・PP加工の3種類

製本表紙について

レトロ印刷のインクは完全に定着しません。
インク落ちを防ぐために、表紙は以下の仕様からご選択ください。

トレーシングペーパー

表紙と一緒にトレーシングペーパーが綴じられます。ホッチキス綴じ・ミシン綴じでご利用いただけます。

ツヤプリ

印刷部分を樹脂でコーティングするため、インクがツヤツヤに隆起するとともに、インク移りも防ぎます。

PP加工

ポリプロピレンのフィルムを貼り合わせることで、耐久性と耐湿性が上がり、インク移りも防ぎます。

POINT
  • 表紙の印刷に金インクをご使用の場合、ツヤプリ仕上げをお選びいただくことはできません。
    トレーシングペーパーもしくはPP加工をお選びください。
  • 無線綴じ製本の表紙は、ツヤプリまたはPP加工が必須となります。(トレーシングペーパー仕上げはできません。)
  • トレーシングペーパーはツヤプリやPP加工との併用が可能ですが、ツヤプリとPP加工の併用はできません。
  • 表紙が印刷なしの場合、トレーシングペーパーはあり・なしをお選びいただけます。

表紙の仕様ごとの料金

受付サイズ トレペ または
ツヤプリA
ツヤプリB ツヤプリC ツヤプリD ツヤプリE PP加工
Lサイズ 無料 ¥6 ¥11 ¥33 ¥110 片面¥66
両面¥99
Mサイズ 無料 ¥3 ¥6 ¥17 ¥55 片面¥44
両面¥66
Sサイズ 無料 ¥2 ¥3 ¥8 ¥28 片面¥22
両面¥33

1冊あたりの加算料金 / 表示価格は税込みです。

POINT
  • 他の仕様と併用してトレーシングペーパーを使用する場合、追加のトレーシングペーパー代が発生します。
    Lサイズ:¥55 / Mサイズ:¥33 / Sサイズ:¥22 (1冊あたりの加算料金 / 税込)
    例)ツヤプリ+トレーシングペーパー、PP加工+遊び紙でトレーシングペーパーなど
  • PP加工は追加納期(200冊ごとに+1日)が発生します。
  • 天のり製本は上記料金は適用されません。

トレーシングペーパー

トレーシングペーパーが表紙の上に綴じられた仕上がりです。

表紙をツヤプリ印刷やPP加工でカバーしない場合の、標準的な仕様となります。

通常のインクが露出した部分(ツヤプリで覆われていない部分)があり、トレーシングペーパーなしの仕上がりをご希望の場合は、事前にお問い合わせください。

選択可能な製本タイプ
中綴じ製本・平綴じ製本

ツヤプリ

インクを樹脂でコーティングすることで、ツヤツヤぷりぷりの印刷になり、インク落ちも防ぎます。

UV厚盛り印刷と似ていますが、隆起部分には独特の凹凸が生じます。PP加工と異なり表紙全面を覆わないため、インク落ちを防ぎながら、印刷がない部分は紙の質感を楽しむことができます。

ツヤプリの面積パターンを事前に確認したい場合は、お問い合わせフォームから表紙データをお送りください。

選択可能な製本タイプ
中綴じ製本・平綴じ製本・無線綴じ製本・天のリ製本(表紙中厚紙)

PP加工

PP加工とは、ポリプロピレン(Poly-Propylene)フィルムと紙を貼り合わせ、熱を加えて圧着する加工です。

PP加工を行った面はフィルムで保護されるため、耐久性と耐湿性が上がり、PP加工を行わない面と比べて強度が増します。一般的に本の表紙やカバーなどによく利用されています。

選択可能な製本タイプ
中綴じ製本・平綴じ製本・無線綴じ製本

種類 マットPP
  • 光沢を抑えたしっとりとした質感
  • 「片面」「両面」どちらも選択可能
  • ツヤプリとの併用不可
用紙 厚紙のみ
納期 200冊ごとに+1日
POINT
  • 熱処理を伴うため、加工後に紙の反り返りが目立つ場合があります。
  • 断裁面に高濃度のベタがある場合、フィルムが定着しない恐れがあります。
    特に蛍光インクは剥がれやすい仕上がりとなるため、あらかじめご了承ください。
  • 紙とインクの組み合わせによっては、断裁面やスジ入れ部分にひび割れのような筋が入る場合があります。特に白色以外の用紙に蛍光・パステル系インクの広範囲ベタは、筋が目立つ仕上がりとなるためご注意ください。