レトロ印刷

  • ペラ紙印刷
  • 厚紙印刷
  • ツヤプリ印刷
  • 製本
  • 試し刷り

J1サイズ

範囲内の自由なサイズでご注文いただけます。トンボを付けてご入稿ください。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズの厚紙印刷です。


短辺は最小30mm以上必要です。

レトポ

はがき/ポストカード定形

一般的なポストカード・はがきサイズのツヤプリ印刷です。


短辺は最小30mm以上必要です。

中綴じミシン製本

紙の真ん中をミシンで縫い綴じ、半分に折って仕上げます。糸端の処理は「のり有」と「のり無」の2タイプあります。

ペラ/中厚・厚紙 試し刷り

レトロ印刷はズレやムラ・かすれが特徴の印刷です。初めてのご利用や多色刷りの場合、試し刷りされることをおすすめします。


試し刷りはA3またはA4(B4またはB5)サイズでの納品です。断裁・加工は行いません。

表紙のツヤプリ

表紙をツヤプリすることで、トレペなしの仕上がりにできます。

製本表紙をツヤプリカバー

レトロ印刷の製本は、インク移りを防ぐため表紙にトレーシングペーパーが付きますが、
印刷部分をツヤプリすることでトレペなしの仕上がりにできます。

インク落ちが防げる

ツヤプリ印刷は印刷部分を樹脂でコーティングするため、表紙のインク落ちを防ぐことができます。

トレペなしで仕上がる

ツヤプリすることでインク移りを防げるため、トレーシングペーパーなしの仕上がりが可能です。

トレペとツヤAは同価格

ツヤプリ料金は面積に応じて決まりますが、Aパターンの場合はトレペ仕上げと同価格のためお得です。

POINT
  • 無線綴じ製本の表紙は、ツヤプリでの印刷が必須となります。
  • 印刷部分がすべてツヤプリで覆われていない場合(レトロ印刷とツヤプリの併用)は、トレーシングペーパーが付きます。

ツヤプリの詳細は こちら をご確認ください。

2色までの表紙の場合

印刷が2色までの場合、インクに直接ツヤプリを指定することができます。

通常通りレトロ印刷の入稿データを作成し、インクにツヤプリ指定を行うだけで、別途ツヤプリ用のデータをご用意いただく必要はありません。

3色以上の表紙(ツヤプリカバー)

透明インク+ツヤプリの『透明ツヤプリカバー』で、印刷部分をカバーします。

印刷部分全体を覆うように透明インクのツヤプリを重ねることで、3色以上の印刷もツヤプリでコーティングすることができます。通常の入稿データの他に、「透明インク用のデータ(通常の入稿データの印刷部分すべてを覆うデータ)」をご用意ください。

透明インクについて

ツヤプリカバーの入稿データ

透明インクでツヤプリカバー

ツヤプリ版はひとまわり大きめに作る

透明ツヤプリを行いたい部分(=透明インクで印刷する部分)のデータを、通常の入稿データと同じように黒1色(K100%)で作成してください。

ツヤプリ加工時の熱により紙がわずかに縮むため、通常の印刷部分とツヤプリで印刷する部分では、最大で2~3mmの印刷ズレが発生します。

文字や線などの細かい部分は特にズレが目立ちやすいため、透明ツヤプリカバー用のデータはひとまわり大きめに作成されることをおすすめします。

入稿例(4色+ツヤプリ1色)

POINT
  • 透明インクも1色としてカウントします。
    (例:もも+青+透明ツヤプリでは3色印刷になります。)
  • 透明インクの版は黒1色(K100%)の濃度で作成してください。
    ただし透明インクの面積が全体の80%以上となる場合は、透明インク版の濃度をK80~90%に下げてください。
  • 広範囲のベタや多色のデザインでは、ムラや印刷汚れが発生する場合があります。

ツヤプリの面積で、金額が変わります。

ツヤプリ印刷の印刷料金に、ツヤプリを行う面積に応じた料金が加算されます。

下の図は面積パターンのおおよそのイメージとなりますので、ご注文の前に正確な料金をお知りになりたい場合は、お見積りフォームからツヤプリ版のデータをお送りください。

各面積パターンごとの加算料金は、ご注文サイズ・枚数により異なります。

ツヤプリ面積のパターン例

Aパターン

全体の約10%未満

Bパターン

全体の約10~20%

Cパターン

全体の約20~30%

Dパターン

全体の約30~50%

Eパターン

全体の約50%以上